施設概要

Facility

施設概要

 

建物部 延床面積 518㎡
施設の内容 保育室5室、トイレ2ヶ所、職員室、事務室、給湯室、シャワールーム
設備の種類 冷暖房完備、防災設備
安全保障 乳幼児賠償責任保険加入
その他 屋外遊戯場代替場所:緑のデッキテラス、デッキでの砂場、遊具

セキュリティと安全

JCQバイリンガル幼児園では、こども達の安全を守る為にALSOKと契約し、監視防犯カメラを設置しています。また、トリトン施設の警備管理も24時間整っており、頻繁に警備員も周辺を巡回しています。
 
JCQバイリンガル幼児園は晴海トリトンスクエアの2階にあります。

  • 玄関やデッキから出ても、自転車や車が通ることはありません。
  • 晴海トリトンは、耐震性に優れた、頑丈な建物です。
  • ご参考データ
  • 中央区による、想定津波高は最大でAP(荒川基準水面)+3.6メートルです。晴海トリトンの1階床レベルはAP+4.13メートル、更にJCQのある2階はAP+10.63メートルの高さにあります。

警報発令時について

  • 午前6時現在、なんらかの警報が発令中の場合は休園です。
  • 午前6時前に警報が解除されていた場合でも、交通の遅延等の当日の状況で開園時間を9時にさせていただくことがあります。

避難・災害非常時の対策

避難訓練: 毎月1回、避難訓練を実施しています。
防災設備:: 防災施設、自動火災探知機・煙探知器・誘導灯・消火器 ・AED

  • 地震・火災が発生した時には、お子様の身体の安全を最優先とし、迅速に安全な場所への避難誘導を行います。
  • お子様の安全の確保後、すみやかに保護者の方にご連絡いたします。
  • お子様は登録の方のお迎えまでお預かりしますが、当日午前0時を過ぎてもお引き取りいただけない場合、ご連絡がつかない場合には警察・公共機関への引き渡しなどを行う事がありますので、あらかじめご了承ください。

避難場所: 晴海トリトンスクエア内・水のテラス・園外のデッキ

  • 火災の時は、水のテラス方向。
  • 地震の時は、園外のデッキの外側の通路と園とレクサスの間。
  • 津波の時は、園内か、トリトン内の3階。